塾講師のアルバイトを効率良く探す方法について

知り合いからの紹介の場合

個別の場合について

一人の塾講師でだいたい5名くらいの生徒を受け持つそうです。
その為、その子に合わせた授業を一人一人組まないといけないです。
能力は人により様々なので、一番その子に合うやり方で勉強を教えないと成績は上がらないのです。

個別の場合だと一人の生徒に掛かる時間は1教科約1時間なので、選択している教科により塾講師に教えて貰う時間は違います。
選択している教科が多いと塾に通う時間も多くなりますし、塾講師もその子に割く時間が多くなります。
なので、他の子の授業が厳かになってしまう場合もあるみたいです。

そのような事にならないようにする為には、一人一人の事をよく考えて塾講師のシフトを組む必要があります。
塾講師のアルバイトは時間との闘いでもあるのです。

集団の場合について

集団の場合だと一度に大勢の生徒の勉強を見る事になります。
ですが、同じ授業を進めているので同じ事を繰り返し教えてあげれば良いのです。
前の記事でも紹介したと思いますが、個別よりも時間のシフトは集団の方が組みやすいそうです。

中には集団での授業について来れない生徒もしるようで、その子には個別に移って貰うか集団で勉強したいのであれば個人的にその子に勉強の進め方を教える必要があるのです。
もし、これから塾講師のアルバイトをしようと考えているのであれば、個別にするのか集団にするのか、自分にはどちらが一番合っているのかを確認してから応募するようにしましょう。
集団での授業は塾によって時間もやや長い場合もあるので就業時間についても確認して見るのが一番です。


PAGE TOP