塾講師のアルバイトを効率良く探す方法について

予備校と提携している大学が多いです

一般的な就業規則について

塾講師のアルバイトでも正社員での塾講師と同じようにその会社の就業規則を守って働く必要があります。
一般的に就業規則は業界事によって多少の違いはあるもののだいたい同じような規則が定められています。
塾講師の場合には、拘束されている時間が遅いのもあるので深夜の残業になる場合もあるのですが、日付が変わる前にどんなに忙しくても仕事を終わらせる必要があるのです。

それから、年齢制限もあるみたいで講師として働く事が出来るのは50歳までと決まっています。
それ以上の年齢になると講師ではなく運営側に回らないといけないのです。
どんなに優秀な人材である場合大手の場合にはそのまま塾講師として働く事が出来るそうですが、正社員としてではなくパート扱いとして働くようになります。

独自の就業規則がある塾もあります

一番塾で禁止されている事は生徒との間の個人的な付き合いの禁止だと思います。
その為、塾事に独自の就業規則を作って塾講師に守らせています。
塾講師は大人であり、生徒は未成年はわけですから、講師と生徒と言う枠を超えて付き合うようになると法律に違反してしまう事もあるからです。

もし違反した場合には勿論塾講師のアルバイトはクビになりますし、二度とその業界では働けないようになります。
塾講師の業界は意外にも狭い為、情報共有の場があり違反を起こした人物の名前や個人情報を保管して警戒している事があるのです。
これも全て大切な生徒を守る為の事であり、きちんと希望の学校に合格させてあげるようにする事が重要なポイントなのです。


PAGE TOP